5/23(木)午前 

 毎度のことですが、急なP太のお休みにあわせて、慌てて温泉旅行計画。
 GWは過ぎているのに、お目当ての旅館は、土日はもちろん、平日も満室が多くて、がっくり。
 やっと空室のある旅館を探し当てて、無事に予約もでき、箱根の一泊旅行へ出かけました。

 まずはお昼ご飯。
 調べておいた、手打ち蕎麦「草季庵」へは、渋滞もなく、一時間半で到着。
 開店十分前でしたが、すでに四組待ちで、入店後すぐに満席になりました。

 静かな古民家の御座敷は、とても落ち着ける雰囲気。
 名物の冷製鴨のロースト、辛味せいろ、蕎麦あんみつ(絶品!)をいただき、大満足(^o^)
 美味しかったです〜♪

 今度は、信州味噌を溶きながら食すという、珍しい「しぼりせいろ」を食べてみたいです。

 美味しいお蕎麦に満足した後は、旅館にチェックインする15時までの間、
 「御殿場プレミアムアウトレット」へ。
 箱根旅行の際は、必須コース!!

 とはいえ、張り切っていろいろなお店を覗くものの、いつも戦利品がない私
(^_^;)
 でも、楽しいアウトレットショッピングでした♪


 結局、買い物が長引き、予定より一時間半遅れで、旅館に到着。

 お宿は、「四季の湯座敷 武蔵野別館」で、今回、唯一空いていたお部屋は、
 スウィートルーム「楓」です。
 何と173uという広さの客室で、とても贅沢でしたが、リニューアル記念の
 嬉しい特別価格で利用できました
(*^^)v
 
 到着時や、食事の際のお茶は、無農薬有機栽培の野草18種から作られた
 「茶楽里」
という、美味しいお茶をいただきました。

 入室後は、練り切りと草餅もいただきながら、一息。

 掘りごたつの和室、ソファルーム、お布団の間に、檜露天風呂にテラス、
 広いパウダールーム&トイレと、まるで海外リゾートヴィラのような雰囲気で、
 とってもリラックスできるお部屋でした。



 今回、お部屋の次に楽しみにしていたのが、たくさんある源泉掛け流し風呂。
 三つの貸切風呂のうち、先に予約制の二つに入浴することにし、
 まずは、夕食前に「湯小屋 山の湯」へ。
 1Fロビーから外に出て、渓谷の坂道を歩いて辿り着く東屋。
 (暗い夜道では、ちょっと危ないかも!?)

 深緑の季節だけに、樹木に囲まれた露天風呂は、とっても気持良いですね〜。
 すぐ下を箱根鉄道が通っているので、少しドギドキのスリルもあります(笑)
 湯船に浸かって入れば見えませんが、立ち上がると、車内の人とお互いよーく
 見えてしまいます
(^_^;)



 客室に戻ると、もう夕食の時間。
 お部屋でいただくお料理は、活き鮑の踊り焼をメインに、地元の海の幸、
 山の幸が盛りだくさん。
 デザートは、女性に嬉しい、果物とプチケーキ。

 正直に言うと、お料理は少々私の口に合わず、ちょっぴり残念でしたが、
 メニューは工夫が凝らされていて、ボリュームたっぷりです。
 



 食後、P太はあっという間にいびきをかき始め、私はTVを見ながら、2時間ほど
 のんびり過ごしました。


 10:20〜は、予約済の二つ目の貸切風呂「隠れ湯 薫風」へ。
 以前、小田急ロマンスカーのポスターになったこちらへは、2Fから廊下を歩いて外へ。
 (夜でも安全で良かった
(^_-)

 篝火に照らされた、夜の雰囲気も良いですね〜。
 こちらは、お湯の温度も40℃前後とぬるめなので、ゆっくり長湯できます。

 部屋に戻って、P太はおやすみなさい〜。
 私は一人で、婦人用大浴場+露天風呂へ。
 先客の一名様があがってしまうと、私だけでのびのびでした。
 その隣にある、予約不要の半露天貸切風呂も空いていたので、一人で
 堪能させてもらいました
(^o^)/

 一晩で五種類のお風呂に入浴して、身体ポカポカ、お肌スベスベになり、私も就寝。



 5/24(金)午前 

 翌朝、私は7時に起きて、お部屋の露天風呂に入浴。 気持いい〜♪
 P太は5時から、殿方用大浴場(早朝は混んでいたそう)&お部屋の檜露天風呂の
 入浴も済ませ、私が起きた頃には、周辺のお散歩に出かけました。

 ゆっく身支度を整えた頃に、朝食タイム。
 毎朝仕込むという自家製「手繰り豆腐」を中心に、お魚や茶碗蒸しなどがいっぱい。
 私には、量がく多くて、食べきれませんでした。ごちそうさま〜

 食後は、二人で、テラスの檜露天風呂で足湯を楽しみながら、ゆっくり。
 一泊でしたが、たくさんのお風呂と広いお部屋を満喫でき、リフレッシュしました
\(~o~)/

 スタッフの方々に見送られて、11時にチェックアウトした後は、芦の湖の
 「山のホテル」
までドライブ。
 庭園の「つつじ・しゃくなげフェア」を見たかったのですが、先週に見頃の
 ピークを過ぎたようで、すでに終了していました
(T_T)

 残念でしたが、一部だけ残っているツヅシでも十分キレイでした。
 お天気の良い中、広い庭園散策は気持ち良かったです。
 
 お花は散っていても、もう一つ楽しみだったのが、芦の湖畔に建つティーサロン
 「サロン・ド・テ ロザージュ」でいただく、伝統のりんごパイ。
 ワゴンで運ばれて、目の前で美しいソースの飾り付けがされるので、
 食前からワクワク、お皿もキレイで見た目にも嬉しく、もちろん食べても美味しいのでした♪
 
 P太が注文した、ロザージュティ−も、フルーティでとても美味しかったです
(^o^)

 晴れていたのですが、風が強くて寒かったため、せっかくのテラス席からは
 退散しましたが
店内からでも、芦の湖の景色を堪能できました。

 

  5月の平日に、急に出かけることになった一泊旅行。
  お天気も良く、美味しいお蕎麦ランチ〜アウトレットショッピング、豪華なお部屋の旅館に温泉三味、
最後は、待望の景色とりんごパイで締めくくり、帰路へ。
今回もゆっくり癒された、小旅行でした♪